高額な警察手配

警察がレッカーを手配した場合、保険会社が手配するより高額になるケースが増えます。基本料金が30,000円前後になることもあり、10kmほど移動させたりすれば、10万円近くになることがあるのです。もちろん諸費用がかかりますので、自走不能な車両の場合には、作業料金が必要となります。自走不能になっている場合には、レッカー搬送代金も高くなってしまうのは、一般的な企業と同じです。しかし、基本料金などが高くなりやすいため、高額になるのです。

警察が事故などで手配するレッカー車は、民間のもので、交通違反で使われるものとは異なります。警察が緊急時にどんな企業に手配するかはわかりません。地域での特性もあるため、金額はまばらです。企業としての設定金額も差があるため、大きな金額になりやすいといえるでしょう。

自分で保険会社に手配した場合、こうした金額をかけずに済みます。特約などによって、無料にできる範囲も出てくるため、大きな差がつくことになるでしょう。保険会社によっては、こうした金額を報告することにより負担してくれるケースもあります。この辺りも保険会社によって対応が異なり差もつく部分ですので、事前に保険会社へ連絡し、対応を考えておくといいでしょう。